今週の感想

作品名(原題):手紙は憶えている(Remember)
ジャンル:サスペンス
公開年/製作国:2015年/カナダ・ドイツ
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
出演者:クリストファー・プラマー

鑑賞日/回数:6月2日(金)/吹替版/初回
あらすじ:
ヨボヨボのおじいちゃんが復讐に燃えている
感想:
ホロコースト題材で差別とか思想が結構過激。
あと死体のグロさがドイツ映画。
認知症のおじいちゃんが手紙に従ってターゲットを探しに行くんだけど、
おじいちゃん大丈夫かなっていう素直な心配と、
人を殺しに行く人間と日常を過ごしている人間との差が
演出によって際立って、不安感が煽られる。すごくハラハラした。
途中で気づいてしまうけれども、オチはなかなか良い。
面白かった。